HOME > BLOG > Photo > 福岡 百道の朝散歩

BLOG

< 福岡 夜桜風景  |  一覧へ戻る

福岡 百道の朝散歩

福岡の朝、久しぶりに朝早く起きて百道までウォーキングがてら写真を撮影。
夜型人間なのですが、気分転換で朝早くに(寝不足でフラフラな気分でしたが)起き、百道まで3km程のウォ-キング。
朝は気分爽快的な雰囲気の中、博多湾を眺めると無双的な感じ漂います。昼間見る景色とは全然違う感じです。

IMG_1430a.jpg
誰一人いない堤防の先端まで行き福岡ドームを中心に


IMG_1471a.jpg
朝日が東の空から出てきました。



カテゴリ:

< 福岡 夜桜風景  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

福岡 夜桜風景

前回の福岡舞鶴城の桜、引き続き夜桜風景の撮影。
一箇所に何十分もいたので(時間の経過での太陽の移り変わりの変化を楽しむ)それほど多くの
カット数は撮れなかったのが残念。

20180402H.jpg
ライトアップされた福岡舞鶴城 この日は多くの方が撮影スポットで撮影を楽しんでいました。

20180402C.jpg
夕方には福岡タワーの見えるこの位置で多くの人々が撮影。
開放時間を長くしたことで、池に落ちた桜の花びらが渦をまいていた事がわかります。


20180402B.jpg
上記と同じ場所で太陽が沈む瞬間の風景が綺麗でした。




福岡の春らんまん(福岡舞鶴城編)

2018年 春を迎えた福岡市の街も新緑華やかになってきました。
初めて福岡舞鶴城の桜シーズンの写真を撮りに昼過ぎから夜まで花見と撮影の一日を過ごして
人の多さも圧倒されましたが、自然の持つ美しさも体験したことで心地よい日となりました。
三脚をたてて撮影していると、多くの人から(外国人が多数)桜をバックに撮影を頼まれたのも
人とのコミュニケーションも取ることが出来たこともいい経験でした。
そして福岡の街の良さを再認識した次第です。福岡最高バイ!!

20180402F.jpg
城の石垣の隙間から生える新緑とその奥の桜がいい雰囲気を演出しています。



20180402G.jpg
城の櫓と桜、遠くには高層ビル、現代と昔の建物の共演!


20180402E.jpg
草間彌生さんの南瓜オブジェと桜のコラボ!?




Landscape Photography4

このところ夜景シリーズになっていますね。天気がいい日、どうしても仕事の途中で抜け出してとるとなると夕方の時間帯になってしまいます。
福岡の海岸線沿いの街並みを海越しに撮影していて、あらためて福岡の街の良さが伝わってきます。
自分でも今回始めて福岡の夕景を撮っていて海が直ぐそばににあり、また砂浜が街の中心部にあるという存在は日本の大都市でもそうはないかと思います。
海岸線を歩いていて、今まで通りすがりの景色しか見てこなかつたのですが、ゆつくりとした時間の経過が人の気持ちを和ませてくれている気持ちにさせます。
もっといろんな場所の和ませてくれる場所の撮影をしていきたいと感じています。

IMG_0100s.jpg
福岡 地行浜からの夕景


IMG_0222s.jpg
愛宕浜から百道浜への夕景


IMG_0172s.jpg
香椎浜からアイランドシティへの夕景


IMG_0307s.jpg
室見川 橋本付近の夕景





Landscape Photography3

Landscape Photography3
実家が愛宕浜にあるのですが、この浜にまだ来たことがなく写真が撮りたいと
夕方、近辺を散歩しながら写真を少し取りました。
室見川河口入り口から百道浜の風景がいい感じです、福岡タワーを中心に福岡ドームと高層ビル郡が福岡を印象つける景観になっていますね。
コンクリートの堤防から撮影したのですが、シャター時間を遅くして(2-30秒)撮影した殆どがブレており、波が堤防を打ちつけて微妙に動いているのかもしれません。
次回また挑戦して撮影したいと思います。

IMG_7864s.jpg
愛宕浜海岸から百道浜(福岡タワー)を見る

IMG_7898s.jpg
愛宕浜からの夕景(百道浜方面から180度反対側)



IMG_7891s.jpg
愛宕浜の堤防で釣りをする人々、気づかなかつたのですが、釣り人の中にシラサギ?がまじってます。 奥の島は能古島。

Landscape Photography2

Landscape Photography2
 前回に続き糸島の海、二見ケ浦へやってきました。
夫婦岩がある事で観光スポットになってます。
二見ヶ浦03s.jpg

二見ヶ浦04s.jpg
この場所から車15-20分の所に建築中の現場があるので、打ち合わせ帰り久しぶりに来てみました。
雨上がりの為、雲が広がつていますが波は比較的穏やかな状況でした。



このページのトップへ